ベボガ!の未来を語る『アイドルとヲタク大研究読本#拡散希望』発売記念イベントが開催!!

9月8日、ヴィレッジヴァンガード渋谷本店で『アイドルとヲタク大研究読本#拡散希望』の発売を記念し、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)メンバーによるトークショーとサイン会が開催された。

シリーズ第3弾ということもあり、現在の心境を聞かれたベボガメンバー。

水沢心愛さんは「ハリーポッターシリーズと張り合ってますよね! たくさんアイドルさんが集まる対バンとかでこの本の告知をすると、ベボガファン以外の人も知ってくれるみたいで、すごく反応してくれるんです!」と語った。
それは本書の案内役を務める鹿目凛さん(ぺろりん先生)も感じているらしく「第1弾はぺろりん先生を知ってくれる人を中心に買ってくれる感じでしたが、この本が第2弾・第3弾と発売するにつれて、本自体の知名度もどんどん上がってきたように感じます!」と印象を語った。

トークショーはメンバーが気になるページを集まったお客さんに開いてもらい、一緒にその内容を見ながら進めて行く方式に。この日初めて本を手に取った人にも優しいシステムだ。

メンバーは特に「クソリプ」のページが気になるご様子。

水沢心愛「こういう人いるいる!」
水戸しのぶ「ここに掲載されてるツイートの例って本当にありますよね(笑)」
鹿目凛「これは◯◯だよな〜、とか思わず個人名が頭に浮かんじゃいます!」
樋口彩「私が何気なくツイートしたことに”これ私信じゃん!”ってなんでもリプしてくる人もいます(笑)」
葉月梨花「私は”私信”って言われるともっとツイートしたくなっちゃうかも」

クソリプと呼ばれるツイートの傾向にはさまざまな方向性があるが、なかにはクスリと笑いを誘うようなネタ的なものもあるのが特徴。ぜひ一読して自分のツイートも含めて確認してみるのはいかがだろうか。

続いての「ベボガ!座談会延長戦」では本書内のベボガ!座談会ページでも大きなテーマであった、ベボガ!の未来について語ることに。

メンバーがやりたいこと、叶えたいことをメンバーが次々と発言し、それをステージ上に用意された大きなボードに書き込んでいく方式だ。

鹿目凛「マンガ雑誌の表紙を飾りたい。写真集やスタイルブックを出したい。ドラマや映画にも出たい!」
葉月梨花「メンバーのみんなで映画出たいね」
水沢心愛「渋谷の大型ビジョンにも映りたいよね!」

水戸しのぶ「私はみんなで富士急ハイランドに行きたいな」
樋口彩「ベボガ!と富士急のコラボとかもやりたいね!」
水沢心愛「それなら私たちでバラエティー番組をやれば叶えられるんじゃない?」

口々にやりたいことや叶えたいことを語っていくベボガ!メンバー。

樋口彩「水族館でライブしたい。ライブに象も呼びたいな。あとちゃーランドを作りたいです」

キャッチフレーズ通り、ファンタジーな内容の夢を語るあやぱむ。”ちゃー”については樋口彩さんのツイートを参照していただきたい。

鹿目凛「今日せっかくヴィレッジヴァンガードさんでトークショーをやらせてもらってるからショップ袋のイラストを描きたいな」

この提案にはイベントを見ていた渋谷本店の店長から即OKのマークが!
叶えたいことが、まさかの実現に大きく近づいた。

それを見ていた樋口彩さんもすかさず「ちゃーのイラストも!」と提案するが、店長はちゃーのことがイマイチ分かっていない様子で首を傾げていた。

また、この日イベントをお休みしていた三浜ありささんのやりたいことをメンバーが代弁することに。三浜さんは「みかんのジュースが蛇口から出るところに行きたい」と
言っていたようだ。

また、この日のトークショーに集まったお客さんたちに実施したアンケートから目立った内容をピックアップ。

「ちゃーを人類の平和の象徴に」
「沖縄でライブして欲しい」
「武道館でワンマンライブをして欲しい」
などなど、ベボガ!の未来に期待するさまざまな意見が発表された

最後に紹介された意見は、
「今のベボガ!にとても満足しています。できるなら末長くアイドルを続けて欲しい。」というもの。これを聞いたメンバー全員、ファンたちもうなづきながら、ほっこりとした表情になり、会場全体が暖かい雰囲気に包まれた。

こんなにも素敵なファンたちに囲まれているからこそ今のベボガ!がある。
これからのベボガ!の未来もきっと明るいものに違いない。