ベボガ!最高の夏! @JAM EXPO 2017レポート

2017年8月26、27日の2日間、神奈川・横浜アリーナにて開催された国内最大級のアイドルフェス「@JAM EXPO 2017」が開催され、昨年に続き、今年もベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)が登場した。

1日目となる26日には、ピーチステージとブルーベリーステージでライブパフォーマンスを行った。

8月22日に発売したばかりの3rdシングル『4文字メロディー』、みきとPプロデュースが話題の新曲『B.U.S.U -ぶす-』を中心にライブを展開。

メンバーが曲フリで『B.U.S.U -ぶす-』のタイトルコールをすると集まった観客からはどよめきが起きた。
それもそのはず。ルックスを売りにしているはずのアイドルがタイトルに「ぶす」という単語を大胆にも取り入れているからだ。だが、衝撃的なのはタイトルだけではない。
曲の内容もメンバーのキャラクターがよく分かるような歌詞や、ユニークな振付が盛りだくさんで見ても聴いても楽しい一曲に仕上がっている。

まさにテンション最高潮でMIXやコールを入れやすい、アッパーチューンの「打ち曲」と言えるだろう。
ぜひ、実際に生のパフォーマンスを観て欲しいところだ。

ピーチステージ


ブルーベリーステージ

2日目の27日は、パイナップルステージとキウイステージに登場。
ベボガ!としてはこの日、最後のライブとなるキウイステージでは1曲目から人気曲『この恋、弾丸ライナー』を披露。
メンバーも様々なアイドルのパフォーマンスを観て触発されるものがあったのか、熱気溢れるステージとなった。

横浜アリーナのメインステージで行われた『EXPO Special JAM Session①』では、今回「@JAM EXPO 2017」において総合司会を務めたでんぱ組.inc 古川未鈴とアイドルたちによる『ちゅるりちゅるりら』コラボが行われ、ベボガ!からはぺろりん先生こと鹿目凛が参加。

ずっと古川未鈴とのステージでの共演を望んでいたぺろりん先生だけに、感動もひとしおだったようだ。

続く『EXPO Special JAM Session③』では、あゆみくりかまきとベボガ!のコラボステージが実現!
この2日間ですっかりベボガ!のライブ定番曲としてファンに印象づいた感のある『B.U.S.U-ぶす-』、観客も一体となってタオルを回すあゆみくりかまきの『鮭鮭鮭』の2曲を披露。
広い横浜アリーナに集まった大勢の観客によるタオル回しは圧巻の一言だった。

アイドル横丁、TIF、そして今回の@JAM EXPOと、今夏は3大アイドルフェス全てに出演したベボガ!。

メンバーにとってもファンにとっても、最高の夏の思い出がまた一つ増えた結果となった。

パイナップルステージ


キウイステージ